"Matrix-AIDA" e-News #77

仙台のナイフショーへ参加しました。2週間ほど前にホテルを予約しようとしたところ、市内どころか近辺の温泉も一室の空きが無いのです。新幹線の指定席はなんと満席。週末には被災地救援のボランティアに行く人々が多いのだろうと勝手に納得して出発。
完全修復なった仙台駅に降りると渋谷かと見紛う程の賑わいに仰天。聞くと20年以上続いている「仙台ジャズ・フェスティバル」が開かれていて全国から参加の有名無名の700バンドが街中で演奏をし、観客は数万人に達するそうで、特に今年は東北の復興を願って演奏者も観衆も特別多く部屋も取れるわけもありません。夜は杜の都の公園でバーボン片手にビッグバンドの演奏を楽しみました。市内の熱気と海辺の被災地の息をのむ情景との対比には複雑な思いでしたが、市内の元気が被災地まで早く届くことを祈ります。

┓┓┓┓┓┓┓┓┓┓┓┓┓
┓ 今日のニュースたち
┓┓┓┓┓┓┓┓┓┓┓┓┓

1. 【真鍮・SUS・チタン・NS】プレート勢揃い

従来スペーサーやボルスターの材料としてNS(ニッケルシルバー)とチタンを提供し
てまいりましたが、新たに真鍮(ブラス)とSUS-410のプレートも用意いたしましたの
でご利用ください。
真鍮の厚みは0.5/1.0/2.0/3.0ミリが揃いました。
SUS-410の厚みは1.5と3.0ミリです。
(9月のチラシで2.0ミリと誤記載しました。申し訳ありません)
http://www.matrix-aida.com/fitting6.html

2. 【自分のマークを作りましょう】1,050円で50本でも

ナイフを販売されている方はもちろんですが、趣味で作っていらっしゃる方も趣味だからこそ格好よく粋に作品を製作しましょう。いま、ご自分のマークを製作される方が大変多くなっています。
年賀状で一世風靡の「プリントごっこ」の要領でインクの代わりに酸性の液を使い電流を通してマークを入れます。1枚1,050円のステンシルというステンシル(原紙)を制作すれば楽に50本以上マークが入れられます。但し、一番最初は「版下フィルム製作代」が4,200円掛かりますから初回合計費用は5,250円です。追加のステンシル製作代は僅か1,050円です。
マトリックス・アイダのステンシルは使い捨てではありません。
マーク製作と名入れ(エッチング)作業のお手伝いも致しますので、どうぞマトリック
ス・アイダまでご相談ください。
http://www.matrix-aida.com/etching2.html

3. 【第14回ぼくのナイフ展】レポートご覧ください

冒頭に書いた通り、仙台・中山商店主催の「ぼくのナイフ展」に参加させていただきました。
驚くほどと言うと失礼になるのですが、それほど沢山の力作が展示されており、また運営はナイフメーキングを楽しんでいる方々やユーザーであるハンターさん方でした。
さすが猟場も漁場も近い東北の都です、実用に耐えうるナイフが多いように見受けました。救助に活躍された自衛隊員のお話にも感銘を受け、これからも被災者を援助して下さることをお願いいたします。マトリックス・アイダから賞品の協賛を少しだけさせていただきました。
どうぞ、つたないレポートをご覧ください。
http://ameblo.jp/knife-kozo/entry-11024596215.html

4. 【第32回JKGナイフショー展】10月22日~23日

ジャパン・ナイフ・ギルドが主催する恒例のナイフショーです。出品するナイフメーカーは規定の審査を通った人ばかりですから、安心して高品質の作品を購入できます。
普段なかなか直接話すことのできない多くのナイフメーカーが全国から集合です。是非会場にお越しください。

日時:     平成23年10月22日(土)一般公開11:30~17:30
             平成23年10月22日(土)一般公開11:30~16:00
会場:     時事通信ホール
http://www.jiji.com/hall/access.html
問合:     銀座・菊藤 内 JKG事務局 03-3541-7355
            〒104-0061 東京都中央区銀座2-10-11
http://www.jkg.jp/

5. 【来春の銀座ナイフショー】日程が決定しました

平成24年2月5日(日曜日) 11:00~17:00  ※もちろん入場無料
「銀座スターホール」(銀座4丁目角、サッポロ銀座ビル9階)

年に2回銀座で開催され、もう恒例になったと言える「銀座ナイフショー」が来年の2月に花のお江戸の銀座4丁目で開催される日程が決まりました。ナイフメーカーの有志が自主開催でスタートしたこのショーにはナイフだけでないアーティストも参加されているユニークなショーです。
ワンデイショーですが、会場は和気藹藹で来場者も買い物を楽しんでいらっしゃいます。どうぞ予定に入れてください。
テーブルに空きがあったら出展を考えられたらいかがでしょう。

6. 【サンバースタッグ】限定約30セット

いつから姿を消したのか、ナイフのハンドル材としてもっとも人気のあったインド鹿の角「サンバー・スタッグ」ですが、マトリックス・アイダの倉庫にあった大小合わせて約30組の「フルタング用スタッグ」を来週ホームページで妥当なお値段で販売させていただきます。品質はそこそこ中程度以上と言って間違いありません。
現在写真撮影をしております。買い占めの無いようにはどのようにするがいいか検討中です。HPにアップする前に予告の簡単なメールをお送りすることになると思います。
このスタッグについては遠方の方にも公平になるよう、ご来店いただいてもお見せで
きませんので悪しからずご了承ください。