山本徹 新作紹介その3

この作品について

今回ご紹介するのはIDフォルダーです。“ID”とはインテグラルデザインの略です。

このナイフはフォールディングなので、インテグラルの構造(一つの鋼材からヒルト、ブレード、バットキャップなどを削り出す手法)にはっていませんのであしからず。

ラブレスの有名なモデルをフォールディングにリデザインした作品で、ロック機構はフロントロックになっています。仕上げの状態、スタッグのマッチングいずれも良好で、重厚なイメージをもつ存在感のあるナイフになっています。

スペック

    • サイズ:刃長66mm・全長95mm
    • 鋼材:ATS-34
    • ハンドル材:サンバースタッグ
    • フィッティング:ラブレスボルト SUS
    • 仕上げ:ヘアライン
    • 状態:新作
    • 価格:¥70,000(税込)

 

※この商品の詳細や別アングルの写真はこちらでご覧ください。

http://www.matrix-aida.com/yamamototoru2.html

編集

山本徹 新作紹介その2

この作品について

今回ご紹介するのはトラウト&バード・フォルダーです。

トラウト&バードもラブレス氏のデザインで、小型魚、鳥、小動物などの小さな動物を解体するためのハンティングナイフです。”鋭いポイント”と”細身のデザイン”が特徴で、アウトドアだけでなく、日常的な汎用ナイフとしても使いやすいデザインです。

しかもこのナイフはフォールディングナイフなので、折り畳んで収納することが出来ます。ロック機構はスリップジョイントです。

スタッグの模様もきれいで、実用品としても鑑賞品としてもどちらとしても欲しくなる作品です。

スペック

    • サイズ:刃長69mm・全長98mm
    • 鋼材:ATS-34
    • ハンドル材:サンバースタッグ
    • フィッティング:ラブレスボルト
    • 仕上げ:ヘアライン
    • 状態:新作
    • 価格:¥75,000(税込)

※この商品の詳細や別アングルの写真はこちらでご覧ください。

http://www.matrix-aida.com/yamamototoru3.html

編集

山本徹 新作紹介その1

先日入荷した山本徹氏の新作が3作登場です。

最初にご紹介するのはボブズ・フォルダー・セミスキナーです。一見するとシースナイフですが、正真正銘のフォールディング(折り畳み)・ナイフです。

この作品について

山本徹さんは、ラブレスナイフをフォールディングにする作風で有名です。

ラブレスナイフは元々シースナイフですから、それをデザインを壊すことなくフォールディングにするのは至難の業ですが、それを実現するのが山本徹さんのデザイン力と技術力です。

この作品を手に取ると、山本さんのこだわりと技術を細部に見ることが出来ます。

列挙すれば切りがありませんが、ブレードピンとロックバーを見えなくしていること、ラブレスボルトが使われていること、インプルーブドハンドルの削りも完璧です。これらの細部へのこだわりこそが、このナイフを一見シースナイフと錯覚してしまうほどのクオリティを生み出しているのです。

是非、手にとってご覧頂きたい逸品です。

スペック

    • サイズ:刃長80mm・全長105mm
    • 鋼材:ATS-34
    • ハンドル材:ブラックリネン・マイカルタ
    • フィッティング:ラブレスボルト
    • 仕上げ:ヘアライン
    • 状態:新作
    • 価格:¥90,000(税込)

 

※この商品の詳細や別アングルの写真はこちらでご覧ください。

http://www.matrix-aida.com/yamamototoru1.html